カテゴリー
医療脱毛で充実した施術を受けるために 医療脱毛について 脱毛と日焼けについて

ラヴォーグの店舗のスタッフと雰囲気が心地よいからVIO脱毛もリラックス

気温が上昇する夏が近づくと、VIO脱毛をしたいと
ラヴォーグに相談に来る女性は急増します。

ただデリケートな箇所のムダ毛処理のため、ほとんどの
方は快適に施術を受けられるのか気にされます。

基本的にラヴォーグでは、初めてのお客さんでも
リラックスして施術を受けられるように様々な配慮が
なされています。

その1つが、VIO脱毛を行う際のスタッフの接客です。

心地良い接客

スタッフは、光を脱毛箇所に照射する際は、着用している
ショーツを少しずつずらしながら当てていきます。

その場合、施術を受ける側は大事なところを見られるかも
と恥ずかしいと感じるものです。

ただ、スタッフは慣れた様子でただ淡々と施術を行って
くれます。したがって、最初は恥ずかしいと感じますが、徐々にあまり緊張せずリラックスして施術に臨むことが
できます。

それと、ラヴォーグのVIO脱毛は、他のサロンと比べて
あまり痛みが少ないと口コミで知られています。

というのも、ラヴォーグで使用している脱毛器は、照射
するヘッドに冷却機能がついているからです。

つまり、光の照射と同時に、冷却装置で肌をクールダウン
することができます。肌へのダメージを抑えて痛みを和ら
げることができるので、リラックスしてVIO脱毛を受けら
れるということです。

このようにラヴォーグでは、お客さんが快適に施術を受け
られるように工夫がなされています。そのため、大事な
箇所が見られて恥ずかしい方も安心して通えます。

日焼けをしたらvio脱毛ができない理由

日焼けと脱毛事情

昔から日焼けをするとvio脱毛はできないと言われており、
これは肌がヒリヒリになってダメージを受けているから
です。

サロンによっては夏場に脱毛する場合の注意点を掲げて
いますが、これも紫外線を受けやすいことが理由です。

vio脱毛のときに使用する光脱毛器は低出力ですが、日焼け
した状態だとヒリヒリすることがあります。

そのため日焼けの程度が強いと、ムダ毛処理を断られる
可能性もあるでしょう。

原則として脱毛前には紫外線を浴びないようにアドバイスを受けるはずです。紫外線を浴びた肌は赤くなりますが、この状態は軽度のヤケドと考えていいでしょう。

低温ヤケドに近いものであり、肌が非常に敏感になっています。肌の自然治癒力も低下していますから、この状態でvio
脱毛を受けると肌荒れが起こりやすいです。

デリケートゾーンは汗をかきやすく、通気性も悪いという
性質があります。そのためひとたび汗をかいて雑菌が増えると、かゆみの原因となることもあります。

就寝中に股の部分を掻いている方は意外と多く、朝起きたらヒリヒリになっていたという経験がある方は多いでしょう。かゆみを防ぐためにも、刺激性のある脱毛法は避けてくだ
さい。

セルフケア全般はダメージが強くなりやすいので避ける必要があります。デリケートゾーンは皮膚が非常に薄いため、
vio脱毛はサロンや医療機関に任せましょう。

カウンセリングを受けたときに、脱毛の予定日が近づいてきたら紫外線を浴びないようにアドバイスを受けるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)