カテゴリー
医療脱毛で充実した施術を受けるために

育毛サイクルと永久脱毛と美容電気脱毛について

発毛のサイクルは休止期を挟みながら育毛期を経て退行期になり休止期に入る、
サイクルを繰り返すことが知られております。

現在の脱毛のシステムは19世紀に発明されて改良を重ねて
現在に至っており、その間に機械的なシステムの向上と
毛の生えるメカニズムが研究されてきました。

発毛サイクルを迎えた毛の根元部分にレーザーを照射して、
発毛サイクルをストップさせて永久脱毛させるのが
現代主流になっている脱毛方法です。

レーザーには種類があり、表皮に近い部分へ照射する物や、
皮下部分の深い部分に照射する強力なレーザーもあります。

一長一短であり強力な光は連続照射をすると肌へのダメージが蓄積してしまうことや、弱すぎるレーザーでは複数回の施術をしなければ効果が薄いなど表裏一体の効果があるのです。

体質や予算に応じて脱毛のメニューを選ぶことが重要になります。

脱毛方法を選ぶ

アメリカではFDA(米国食品医薬品局)の基準によって定義されており、
美容電気脱毛は永久脱毛に認可された施術方法です。

電気信号を皮膚から毛根に届かせることで、毛の根元の発毛をストップさせる効果があります。

重要なことは育毛期に施術を行うことです。
退行期や休止期に施術してしまうと、硬毛化と言って
毛が太く硬くなってしまう逆効果現象が起こってしまいます。

永久脱毛をする時にはとくに気を付けなければなりません。

永久脱毛は19世紀にアメリカの眼科医が考案しました

永久脱毛の歴史は長いですが、現在の技術に繋がるシステムが開発されたのが19世紀のアメリカでした。
アメリカの眼科医であるチャールズ・ E・ミッチェル医師が
直流電流を用いた脱毛方法を考案して、顔のムダ毛や産毛などを
除去する方法を試したのです。

明らかな効果が認められたものの、処理時間が長時間必要であることと
電流のレベルの調節が難しいことが難点でした。

針を使ったり粘着剤で抜くことよりも脱毛のダメージは少なかったものの、
実用レベルでは通用しなかったのです。

しかしチャールズ・ E・ミッチェル医師の着眼点をベースとして、
その後も近代的な脱毛器の開発と改良は続けられました。

医療技術の改進

電気を使った物から高周波の新型が製作されて、その両方の
長所を合わせたモデルも開発されたのです。

その後に画期的な光を使ったレーザー型の脱毛器が生み出されたのが、
1980年代のアメリカでした。

永久脱毛の歴史は約100年の時を経て、現在のモデルになったのです。
現在女性だけではなく男性でもムダ毛処理をしたり、
クリニックへ通って脱毛処理を依頼する人が少なくありません。

見た目の美しさだけではなく、肌荒れや体臭を防ぐ効果もあります。
ライフスタイルの変化から、今後もさらに脱毛需要は増えると言われております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)